第9回 団地再生シンポジュウム 開催のお知らせ

“初心”にかえり、

   “コラボレーション”と

      “リアリティ”を探る

 

全国各地で団地再生プロジェクトが姿を現している。それらは規模や構成が異なり、プロジェクト主体も住民主体からハウジング運営組織や自治体など幅広い。その熟成度も異なれば、高齢者対応やエネルギー対応など課題も様々だ。団地再生には建築技術を超えたソフト技術が必要であり多分野に渡るために適切なコラボレーションが求められる。このシンポジュウムでは、プロジェクトに関わる各立場が“プロジェクトのリアリティ”について議論し、それぞれの道筋と体制のあり方を明らかにする。

 

概要

 

【日時】:2013年3月27日(水)13:30~17:30

 

【会場】東京ガス本社2階 大会議室 JR浜松町駅より徒歩4分

 

【参加費】4,000円(懇親会費2000円)

 

 

参加申し込みにつきましては申込書をダウンロードしていただき

必要事項を記入の上 団地再生支援協会事務局宛で

E-MailもしくはFAXでお送りください。

 

 

【プログラム】

 

12:45 開場・受付

 

13:30-13:45 開会の挨拶 近藤 正一(団地再生支援協会・会長)

 

13:45-14:15 基 調 講 演 井上 俊之(国土交通省・住宅局長)
      「これからの国の取組みについて」(仮題)

 

14:15-14:35 展 望 澤田 誠二(団地再生支援協会・副会長)
      「“住みたい人を住みやすい住宅に”の視点」

 

14:45-15:15 講 演 1 江川 直樹(関西大学団地再編プロジェクト・代表)
      「公共的な団地は地域全体の住生活資産」

 

15:15-15:45 講 演 2 猪股 篤雄(神奈川県住宅供給公社・理事長)
      「団地再生プロジェクトと環境資産価値」

 

15:45-16:00 ( 休 憩 )

 

16:00-16:20 報 告 1 砂金 宏和(団地再生支援協会プロジェクト部会長)
      「プロジェクトの諸タイプと所在、熟成度」

 

16:20-16:40 報 告 2 安孫子 義彦(団地再生支援協会基礎研究部会長)
      「プロジェクト・リソースの開発と整備」

 

16:40-17:20 集 中 討 議 司会:秋元 孝夫(秋元孝夫建築研究所・代表)
      「プロジェクト創出と運営上の問題の解決」

 

17:20-17:30 閉会の挨拶 石井 均(団地再生支援協会・専務理事)

 

 

シンポジウムポスター、申込書をダウンロードしていただけます。 

 

第9回団地再生シンポジュウム.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.0 MB
第9回シンポジュウム申込書.xls
Microsoft Excelシート 32.5 KB

団地再生設計賞

受賞作品をご覧いただけます。